タマ太郎の電車で鯉釣り@多摩川

ユーロカープタックル(安物)レビュー

久しくサボってましたが、遅い夏休みとっていたので平日に久々に出撃してきました
ホームは雑草だらけなので、最下流域へ
20190925_1.jpg

通勤ラッシュを避けて短時間勝負

20190925_2.jpg

フィーディングなしの第1投15分で70君
小型の数釣りモードの予感で面倒くさいと思ってたら、その後は何故か沈黙 (ノ_<)
素直に諦めて、早めの撤収

週末も日中は糞暑いので竿出す気にはなれず、購入後約2か月放置していた
タックルのテストをやりに汽水域最上流部へ

20190928_1.jpg 
*写真見て気が付きましたが、Rodポッドを伸ばさないとバランス悪いですな・・・

遠征した時も、使い慣れてるパックロッド+小型リールを最初は投入する予定ですが
念のため標準的なヨーロピアンカープタックルも用意しておこうかと

殆ど使う機会がないので、予算は抑え目でパックロッドでカバーできない遠投性能重視ってことで

ロッド:12ft3.5lbで仕舞寸法の短いもの
リール:スプール径・スプール長ともに大きめの投げ釣り用大型リール

先ずロッドですが、国内モデルで適当なものがなかったのでやむなく海外から個人輸入

消去法的に残ったのはPrologicのC1 Alpha 12ft 3.5lbの振り出し仕様
遠投性能重視といいつつ13ftじゃなくて標準的な長さの12ftにこだわってみました
仕舞寸法は113㎝とギリギリ許容範囲ですが、元ガイドが流行りの50mmサイズなので携帯性はイマイチ
ロシアの某Shopのお兄さんが112mくらい投げてましたから最低限の遠投性能はあるかと
2PCモデルだと何回か投げなおして135mでてました

youtube2.jpg
Prologicというメーカーは良く聞きますが、改めて調べると国籍不明 (ノ∇≦*)
異様に安い(7,200~7,300円)のが引っ掛かりましたが、送料安くすむのはこれ以外見つからなかったので

リールはとりあえずシマノ
20190928_2.jpg

国内モデルは色合いに難ありなので、こちらも止む無く海外モデルから
国内の最安モデル(アクティブキャスト:写真右)とソックリな鯉釣り用リール(写真左)発見 ヽ(≧∀≦)ノ

最初、色が違うだけで、中身は同じなんじゃないかと期待しましたが、しっかり海外向けに
ダウングレードされてました ○| ̄|_
驚愕の1ボールベアリング(BB)仕様 (゚△゚;ノ)ノ
*国内モデル最安のアクティブキャストは4BBとコスパ良すぎ
まあ、置き竿のブッコミ釣りにリールの巻き心地はあんまり重視しなくてもいいかと
BBは後から自力で追加できますし
分解図をチラ見した限りでは、いざという時は、国内モデルのパーツで殆ど代替できそうな感じ

先ずはお試しで1セット購入したんですが、やっぱりもう1セット欲しくなり追加で購入
竿は他に選択肢がなかったので、リールだけワンランク上のモデル(2BB)にしてみました
ちなみに値段は安い方(BeastMaster)が7,800円で高い方(Aerlex)が9,300円とお手頃価格

20190928_3.jpg

左がシマノ公式HP、右はポチッたショップのAerlexの写真
今まで気が付きませんでしたが、色が違いますな・・・

実際に届いたリールがこちら

20190928_4.jpg

どちらも色がカタログと微妙に違うんですけど・・・(ノω`*)ノ
私は幸いあんまり気になりませんでしたが、色合いに対する許容度が低い方は海外モデル
を個人輸入で買うのはギャンブルかも

ちなみに送料は竿とリールの1セットで1,400円くらいだったので許容範囲かと
安物タックル買うのに、送料5千円とか払っていたら意味ないですから
幸い輸入関税も取られませんでした

色合いには無頓着でしたが、どちらにもついてきた唯一の付属品が若干気になる

20190928_5.jpg

国内モデルでも投げ用のリールには普通についてくるのだろうか?
シマノの小型リールで座金ワッシャーが最初からついてきた記憶はないなあ
*最初、メインギアかウォームギアのクリアランス調整用の座金ワッシャーと勘違いして
 一般ユーザーにボディ分解してシム調整させる前提???とビビりましたが、どうやらこの座金は
 スプールギアの調整用のようです・・・。それなら一般ユーザーでも何とかなりそうです。


で、多摩川で試投してみた感想ですが・・・
他のロッドは知らないので基準もわかってないのですが、3.5lbは結構硬くて、それなりパワー
がないと竿のポテンシャルを十分引き出せない感じ

んー、正直パックロッドの取り回しの良さを再認識 (´∀`*;)ゞ
遠征の時にぶっつけ本番で使いこなせる感じもしないので、多摩川で多少慣れておく必要あり
そうですが、リールも竿も電車&徒歩で担ぎ込むのは辛すぎるので悩ましい

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/10/02(水) 21:27:00|
  2. タックル
  3. | コメント:2

梅雨シーズン最終

更新サボってたので、先々週(7/20土)ですが備忘録的に (*ノ∪`*)

前の週より更に下流に突撃しようかと思いましたが先行者アリ
といっても鯉釣り師ではなく、回転投法の本格的な投げ釣り師が二人
何釣ってるんだろう? 単にキャスティングの練習かも

竿出せないこともなかったのですが、近くに水場も無いので、結局、先週の吐き出しへ

20190720_1.jpg

とりあえず第一投
潮位も高いので、アタリはでないと油断してたら、いきなりバイトアラーム (゚△゚;ノ)ノ
投入後5分くらいか?
ウェーダー履きかけていたこともあり、初動が大幅に遅れて、下手の際の葦に突っ込まれる

適当に引っ張ったら針ハズレ ○| ̄|_
走りっぷりや感触が良かったので、少し凹む

とりあえず気を取り直して打ち返し

小一時間後くらい
今度は素直に沖に走った小型
70君

20190720_2.jpg

その後もアタリは順調に続く
一匹目と同じコースに走って、やや感触も良かったが・・・
サイズダウン (T_T)
20190720_3.jpg

小物の数釣りモードになってきたので萎えて投了

20190720_4.jpg

確証は全くないですが、バラした1匹目のサイズは良型ぽかったので悔やまれる

暫くここで竿出す予定はないですが、つい癖で吐き出しの下手を攻めていましたが、上手の方が何となく良さ気ではある


20190720_5.jpg

梅雨も明けて糞暑いので、多摩川汽水域の鯉釣りシーズンも完全に終了
今年こそ山上湖に遠征に行きたいところですが・・・

海外通販で、うっかり安物のカープリール&ロッドをお試しでポチってしまいました
実戦投入の予定は無いですが、届いたら多摩川でテストくらいはしてみる予定
ライン巻くの面倒なので、暫くお蔵入りとなる可能性もありますが (*’U`*)

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/07/31(水) 21:19:18|
  2. 汽水域
  3. | コメント:2

梅雨シーズン終盤

6月最終週以降サボってましたが、3連休最終日に久々竿出してきました
釣果優先なら馬場裏吐き出しが第一候補ですが、折角の本格的な梅雨なので状況良さ気な最下流域へ
お馴染みの釣り座は落ち着いて竿出せて良いのですが、一つ致命的な欠点が・・・
20190715_4.jpg
それは、最寄の水場まで片道約350mも距離があること

ということで、水場に近い未知の釣り座へ突撃
多摩川汽水域で鯉釣りが成立する下限は大師橋というのがコンセンサスかと
それよりは上流なので釣れても不思議じゃないですが、実績未知数の釣り座で竿出すのは実は初めてかも?

下見した時に、バンクスティックでは厳しい感じだったので、2年前に尼で買った安物ロッドポッドを実戦初投入
20190715_2.jpg

多摩川汽水域では、バンクスティックのほうが汎用性が高く、基本的にロッドポッドは不要というか
むしろ不利?なのでこれまで出番はありませんでした

現場着はやや遅め
曇り予報が外れて小雨の中、ユルユル準備
岸際が岩だらけなので、恐る恐る底探りしてみると、何とか竿出せそうな感じで一安心

ここでチョイ沖で鯉のモジリ発見 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
鯉が居るのか居ないのか分らない状況で、バイトアラームが鳴るのをドキドキしながら待ちたかったので正直やや残念

第一投は干潮まで1時間切ってた9:45頃
漸く雨も上がってきたので、鯉の活性も高くなり、即アタリが出そうな予感

と、ここで上手の岸際で巨大な尾鰭のようなものが一瞬、水中から出てきたのを目撃 (゚△゚;ノ)ノ
色は白っぽく、形的にも鯉の可能性は薄そう
魚ならハクレンか?でも、こんな浅場に寄って来るのかしら?
普通に考えるとエイの可能性大か

バイトアラームが単発で一回鳴りましたが、結局何もなし
小一時間後、干潮から上潮になって徐々に期待が薄くなってくる中、打ち返して第2投
鯉のモジリは一回見ただけで、上潮になって生命反応がかなり薄い感じに

あと一回打ち返して昼飯食ったら早上がりすることを決意
アタリ欲しさに、粉餌の準備をしようかと思っていると、バイトアラームがピピッと ( ^ω^ )

引きも強く、なかなか弱らないのでサイズを期待してしまいましたが・・・
20190715_1.jpg

太いですが長さはイマイチのアベ君でした ○| ̄|_
あげた時は80台後半はあると思いましたが、精々80台前半

それでも未知の釣り座で釣果が得られたので、それなり達成感もあり、あと一投して撤収決意

20190715_3.jpg

打ち返して昼飯食ってると、地元の中学生集団登場 (T_T)
ここは吐き出しになっていて、一般人にとっても絶好の水遊び場

その後は親子連れも登場して、流石に釣りにならない感じで、ガメラも顔出していたので萎えて素直に撤収

潮位も高くなっていたので、邪魔が入らなくても結果は同じだったかもしれません
最後の一投も、一回単発でバイトアラームは鳴りました
ガメラだったのか?

新規釣り座は、水場にも近くて便利
普通に釣果も期待できそうですが、やはり地形的に一般人の邪魔が入りやすく落ち着いて竿出せそうもないのが残念
GW前だったら、水遊びする一般人も少ないだろうから、期待できるかもしれません

今週末も、曇りなら竿出せそうですが、大潮なので最下流域は厳しいかと思いつつ、
玉砕覚悟で更に下流の未知の釣り座を開拓するか悩ましい

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/07/18(木) 21:16:05|
  2. 汽水域
  3. | コメント:0

梅雨シーズン中盤

最下流域で竿出したかったが、潮位の低い地合いが午前中しかないので
消去法的に
土曜日は馬場裏吐き出しへ出撃

軽くフィーディングして、干潮一時間前の8:00頃第一投

20190629_1.jpg

先週とは状況一変して鯉の気配は皆無
その代わりに何故かガメラが彼方此方で顔出してます (ノ_<)
先週全く居なかったのに、突然ガメラが増えた謎

干潮から上潮に変化した絶好の地合いでもバイトアラームは沈黙
上潮になって30分くらい経過したところで、一旦仕掛けを回収

上手のボイリーは無傷で一安心するも、下手のボイリーは1/3チョイ食われてました
全部食われてたら戦意喪失したところですが、ガメラの活性もそれほど高くなく通常モードで待ちの釣りが成立しそうな感じ

正面チョイ沖と、本命の下手は護岸テトラ前の浅場に打ち返し
相変わらず、鯉のハネやモジリは無し

安心して爆睡してたら、予想外にバイトアラームがピピッと (゚△゚;ノ)ノ

殆ど捨て竿の正面の竿にあたったので、全く期待していませんでしたが久々真っ当なサイズ o(^▽^)o

ここら辺で前半シーズン一旦終了させたいので、とりあえず90cmってことにしておく (*’U`*)

20190629_2.jpg

雨予報だったので、早々に撤収しようかとも思いましたが、まだ昼前なので一応打ち返し

そのうちポツポツ雨が降ってきて、やがて本降りに (T_T)
予報だと午後には雨が上がる筈なので、じっと耐える

なかなか雨が止まないので、いい加減萎えてきた頃にバイトアラーム b(’0’)d
アタリが出るのは、一旦雨が止んでからと思ってましたが

20190629_3.jpg

アベ君でした
最近は60君や70君ばっかりだったのでアベ君でも感謝せねばなりませんが (-∀-)

サイズダウンして萎えたのでここで撤収

案の定、ほぼ撤収完了したところで雨が止んで、彼方此方で鯉のモジリやハネが (つД`)ノ

撤収中止して竿出しなおそうかと一瞬思いましたが、また何時雨が降ってもおかしくない空模様だったので
素直に早上がり

ヒマなので久々にホームに立ち寄ってみると・・・
広範囲に草刈りされていて、鉄板釣り座(別名ゲートボール以外禁止広場裏)のようになってました
下手の葦際のポイントが壊滅 ○| ̄|_
そこの草刈っちゃ駄目でしょ・・・
いや、誰が草刈ったのか大体察しはつくのですが勘弁して欲しいなあ・・・

ということで、久々良型が釣れたのに失意の帰宅となりました (´;ω;`)

翌日曜日は朝から雨
雨が上がる昼くらいから出撃しようかと思いましたが、疲れが残っていたので結局サボり
結果的には、予報が外れて午後も雨だったのでサボリで正解

しかし、ホームの釣り座が潰れたショックは大きい ・゚・(つД`)・゚・


テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/07/02(火) 21:55:09|
  2. 汽水域
  3. | コメント:0

梅雨シーズン前半

先ずは先々週
土曜は大雨で、釣りが成立するか微妙だったが日曜日はとりあえず最下流域へ

朝で潮位が高い時は、大量のゴミが流れていて釣りにくい感じ
反転流が目視できたのは収穫

潮位が下がるにつれ、ゴミもなくなって良い感じに
期待の干潮周りでも結局アタリは貰えず (つД`)ノ

20190616_1.jpg

上手の市バス師になにやら大物がヒット
簡易計測でメーターオーバーのハクレンでした (;゜0゜)

鯉釣りのほうは絶不調で、うっかり2時間半爆睡してたら、バイトアラーム含むタックルが冠水 (;д;)
バイトアラームは2日間乾燥させましたが、完全復活ならず一旦引退させることに (つД`)ノ

で、翌週の土曜日
梅雨入りしたのに、平日は一切雨が降らず、丸子の堰も閉じられて、塩分濃度が高くて駄目な予感しかないが、性懲りもなく最下流域へ
まあ、釣れなくても落ち着いて竿出せればいいのです (^∇^)

20190622_1.jpg

ガメラが顔出しているのを発見して嫌な予感
1時間半後に仕掛け回収すると、下手のボイリーは2,3口かじられてましたが、この程度なら
釣りは成立する感じ

ボイリーを新しいのに変えて打ち返し
途中、雨が本格的に降ってきましたが、止んだら活性が上がることに賭けて耐える

期待の下潮タイムが終わって、上潮に
何故かボイリーは最初食われただけで、その後は無傷でしたが、鯉のあたりも気配もなし

いい加減、諦めていた頃に漸く1匹

20190622_2.jpg

釣れてくれて感謝ですが60君 (´・_・`)
粘ってもいいこと無さそうなので早めに撤収

日曜は塩分濃度的にはマシな馬場裏吐き出しへ

20190623_2.jpg

朝到着すると、最近では珍しく鯉のハネやモジリ多数で釣れる予感 o(^▽^)o
上手に入っていた地元のライトタックルの青年に早々にヒット
サイズがかなり小さそうなのが若干気になりましたが・・・

満潮になって、上手の青年は撤収した模様
満潮からの下げで、こちらは漸く第一投

その後、何故か鯉の気配も薄くなり・・・
楽勝ムードから、やばい感じになりつつあった昼前に、上手に地元の別の鯉師登場
漸くバイトアラームなったと思ったら251 (ノ_<)

その後は、上手の鯉師にも251が1匹釣れましたが、鯉のアタリはなし
頻繁に水上スキーや、漁船が通過して落ち着いて待てない状況
天気も下り坂で、何時雨が降ってきてもおかしくない感じ

夕方4時ごろ、上手の鯉師が撤収
こちらも5時に撤収決意

で、5時になったが、天気が若干持ち直してきたのでもう一投

20190623_3.jpg

打ち返して15分後くらいに、80cmちょいのアベ君ゲットでヤレヤレの撤収

予想外に苦戦しましたが、最大の謎はガメラが居なかったこと
この時期この場所でガメラに全く邪魔されないのは、何が原因なのか?
水温は問題ないので、水質?吐き出しから、ガメラが嫌う何かが出ているのかしら?

それにしても、平日は雨降らないで、週末だけ雨が降る周期は何とかして欲しいですね

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/06/28(金) 20:26:27|
  2. 汽水域
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

タマ太郎

Author:タマ太郎
多摩川汽水域で鯉釣ってます
非本格派脱力系

FC2カウンター

最新記事

カテゴリ

汽水域 (79)
淡水域 (2)
タックル (2)
大会 (2)
未分類 (4)

シンプルアーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる